売掛金回収と時効

売掛金回収は、そのうち相手方が支払ってくれるだろうとのんきに構えていてはいけません。そろそろ払ってくれないと困るという段階になって問題になりやすいのが、債権の消滅時効です。売掛金の消滅時効は5年のこともありますが、多くの場合は2年で時効にかかり、場合によってはたったの1年で時効にかかるものもあります。待っていれば払ってくれると売掛金をほうっておくと、時効が完成してしまいます。そしてそのことによって相手方が時効が成立しているため支払う義務はないといえば、これを法律用語で時効の援用といって、売掛金の回収ができる見込みはなくなってしまいます。売掛金を回収するためには消滅時効があることを知り、回収不可能になる前に本格的に行動を起こすことが重要なのです。

請求書や督促状などの書類を相手方に送ったり、電話で支払いを求めたり、直接会いに行って支払いを求めたりと、売掛金回収のためにできることは数多くあります。しかしながら、請求を行なっても支払いに応じてくれない場合があるのが、売掛金回収のやっかいなところです。なかには支払能力があるのに故意に支払わない悪質なケースもあります。もしも相手方に支払いを求めても一向に応じてくれず、問題が長期化しそうになり、法的な手段に出るだけの知識がないということであれば、弁護士の力を借りましょう。このサイトでは弁護士に相談・依頼をしたほうがいい理由と、法律事務所の選び方を解説していますので、参考情報としてお役立ていただければ幸いです。